博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> お知らせ >> 個人輸入した海外製“経口妊娠中絶薬”による健康被害

   
博愛医院 │性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科

■ 博愛医院は東京都新宿区にある性病科(性感染症内科・外科)・泌尿器科・産科婦人科(産婦人科)・皮膚科のクリニックであり、保険医療機関です。

<所 在 地>
★新宿駅西口徒歩1分★
〒160-0023東京都新宿区西新宿1-4-20
TEL 03-3342-0003/FAX 03-3346-3266
URL http://www.hakuai-clinic.jp

博愛医院 新宿駅西口徒歩1分!

>>案内図
>> Googleマップ

 

お知らせ


個人輸入した海外製“経口妊娠中絶薬”による健康被害
〜安易に個人輸入して使用することは大変危険!(厚生労働省)

 この度、インド製の経口妊娠中絶薬を、インターネットを介して個人輸入し服用した20歳代の女性(妊婦)が多量の出血、けいれん、及び、腹痛などの健康被害を起こしていたことが発表されています(2018年5月14日、厚生労働省)。女性は医療機関に入院していましたが、回復し既に退院しています。

 厚生労働省の発表によると、女性が服用した経口妊娠中絶薬は、インドで製造され、有効成分はミフェプリストンとミソプロストールと表示されていました。これらを含む医薬品は、膣からの多量出血や重大な細菌感染症などを引き起こすことが明らかになっています。医師からの指示を受けずに使用することは大変危険なため、厚生労働省は、このような医薬品を安易に個人輸入して使用することがないよう注意を喚起しています。

 厚生労働省は、2004(平成16)年より、ミフェプリストンを含有する経口妊娠中絶薬のうち、米国、EU、中国、台湾で販売されているものを指定し、医師の処方に基づくことが地方厚生局で確認できた場合を除き、個人輸入を制限する措置を採っていましたが、今回の事例を受け、インド製の経口妊娠中絶薬についても同様の取扱とすることとし、個人輸入制限のための指定を行いました。

 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック