博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> お知らせ >> 麻疹(ましん・はしか)感染拡大

   
博愛医院 │性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科

■ 博愛医院は東京都新宿区にある性病科(性感染症内科・外科)・泌尿器科・産科婦人科(産婦人科)・皮膚科のクリニックであり、保険医療機関です。

<所 在 地>
★新宿駅西口徒歩1分★
〒160-0023東京都新宿区西新宿1-4-20
TEL 03-3342-0003/FAX 03-3346-3266
URL http://www.hakuai-clinic.jp

博愛医院 新宿駅西口徒歩1分!

>>案内図
>> Googleマップ

 

お知らせ


麻疹(ましん・はしか)感染拡大〜全国で125人にのぼる!

 2018(平成30)年の麻疹(はしか)の感染者数が全国で125人にのぼりました(国立感染症研究所集計結果)(2018年5月6日迄)。

 最初に感染者が確認されたのは、台湾から沖縄に訪れた30代男性旅行客です。男性旅行客は、本年3月17日から3日間沖縄県内を旅行し、同20日に麻疹と診断されました。この間に、男性旅行客と直接接触のあった人が感染し、さらに、その感染者と接触した人が感染し、広がりました。
 患者数は、沖縄県が最も多く75人、次いで愛知18人、東京都10人、埼玉県6人となっており、他に茨城県、神奈川県、山梨県、静岡県、大阪府、兵庫県、山口県、福岡県で確認されています。

 麻疹は、一般的に「はしか」と呼ばれ、麻疹ウイルスの感染によって起こる急性熱性発疹性の感染症です。その感染力は極めて強く、空気感染、飛沫感染、接触感染と様々な感染経路があります。
 麻疹ウイルスの感染後、潜伏期(10〜12日間)の後、発熱や咳などの症状で発症し、高熱が続き、発疹、上気道炎症状(咳、鼻みず、くしゃみなど)、結膜炎症状(結膜充血、目やになど)が現れます。また、肺炎や脳炎などの合併症を起こすこともあります。

 特に、妊娠している方は注意が必要です。妊娠中に麻疹(はしか)に罹患すると、一般に重症化することが知られており、流・死産、早産の頻度が上昇するとの報告があります(日本産婦人科医会「妊娠している方へ麻疹(はしか)の流行についてのご注意(同年5月8日)」)。胎児奇形を起こすことはないとされていますが、胎児の発育異常、羊水量の異常、新生児麻疹(分娩時罹患)などをきたすおそれがあるとされています。

 麻疹(はしか)には、特効薬がありません。また、感染者に接触した段階で、免疫がないと感染してしまう可能性が多くあります。ワクチンを打つことが唯一の手段とされています。特に、現在20〜40歳代の方はワクチンを1度しか受けていない可能性が高く、2度目のワクチンを受けることで免疫を増強させる効果があります。

 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック