博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> AGA(薄毛・脱毛症)でお悩みの方へ

   
博愛医院 電話相談受付中│性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科についての無料電話相談受付中!

■ 博愛医院では、病気で悩む患者さまのために、“電話相談”を実施しています。診療時間内であれば何時でも受付をしております。

■ なお、当サイトお問い合わせフォーム、及び、E-Mailでのご相談は、症状について、正確な情報が得られないことがあり、的確なご回答ができないことがあります。そのため、当医院からメールでの返信、ご回答をお約束するものではありません。
ご相談は、診療時間内に、“お電話”にてお願い致します。

 

AGA(薄毛・脱毛症)でお悩みの方へ

■ 薄毛・脱毛症(AGA)とは

 男女を問わず、薄毛、脱毛で悩む方は、現在、約1,300万人存在すると推定されています。特に、思春期以降の男性に多く発生します。前頭部の髪の生え際が後退してきたり、頭頂部の髪のボリュームが少なくなり地肌が見えてくる症状です。AGA(エージーエー:Androgenetic Alopecia)との略称で呼ばれています。
 AGAは進行性の病気です。放置しておくと、脱毛を発症している部位は大きくなって行きます。しかし、毛包が存在する限り、時間を要しますが毛髪は元に戻ります。早期治療が肝心です。



■ 主な症状

 脱毛症(AGA)の主な症状は次の通りです。

 □毛が細くなり(ミニチュア化)、髪のセットに時間が掛るようになった。
 □頭皮が脂っぽくなった。
 □最近、抜け毛が多くなった。
 □毛が伸びず、美容院・理容院に行く頻度が減った。
 □前頭部、頭頂部の地肌が透けて見えるようになった。



■ 原 因

1.遺伝:ドイツにあるボン大学の研究チームは、脱毛症の男性の血液を検査した結果、X染色体にある男性ホルモンである『アンドロゲン』の働きが強まり、受容体遺伝子に変異が起きることで髪の毛が抜けるとの見解を発表しています。
 男性はXとYの二つの染色体を持ち、X染色体は母親から受け継ぐため、母方の祖父が薄毛、脱毛であった場合、自身も発症する可能性があると言われていますが、必ずしも断定することはできません。

2.男性ホルモン:AGAでは、脱毛している頭皮に多量の『ジヒドロテストステロン(DHT)』が確認されていることから、これが主な原因物質と考えられています。DHTはテストステロンから作られ、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合することでヘアサイクルが乱れてしまい、毛髪が太く長く成長する前に抜け落ちてしまいます。つまり、髪の毛の成長期が終了してしまい、細く短い毛髪が多くなり、薄毛となります。

3.ストレス:精神的なストレスは自律神経のバランスを乱します。すると正常な血流ができず毛髪まで栄養が届かなくなると、一般に言われています。しかし、明確な因果関係を証明するまでには至っていません。

4.免疫系異常:毛根の炎症が引き起こされることがあります。

5.食事・生活習慣:偏った食生活、睡眠不足、喫煙習慣などは、身体の新陳代謝が低下してしまいます。したがって、頭皮にも悪影響を及ぼします 。



■ 治療−有効な薬剤と費用

1.薬剤:フィナステリド(:成分の一般名称、商品名は「プロペシア」)は、AGA(エージーエー)治療薬として2005年に発売された医療用医薬品で、国内初の経口型の育毛剤です。皮膚科学会でも推奨されているものです。成人男性は通常1日1錠(フィナステリド含有量0.2mg)服用しますが、1日5錠を上限として、医師の判断で増量することがあります。
 この薬は、男性型脱毛症のみに適応するもので、他の脱毛症には適応しません。また、閉経後の女性の男性型脱毛症に投与した研究が海外にありますが、効果は見られなかったようです。

2.費 用:1錠につき300円。通常、1カ月服用して頂き、経過を診て行きます。効果が確認できるまでの目安は6ヶ月であり、医師の判断で中止になることがあります。
 既に、他の病気で通院されている方は、初診料等は掛りません。



■ 治療前、治療後




■ 患者様の声

□Aさん(54歳男性)
 40代の半ばより、頭頂部の薄毛が気になり始めました。シャンプーや育毛トニックなど、薬局で購入できるものはほとんど試してみましたが、最近では、家庭内ではもとより、職場でも指摘されることが多くなり、苦痛になってきました。
 インターネットで調べてみた所、博愛医院を知り、早速、行ってみました。新宿駅西口から徒歩1分くらいです。

□Bさん(42歳男性)
 最近、転職したばかりで、環境が変わり、眠れない日が続いています。ある日、側頭部に円形型の脱毛が発生しているのに気付きました。自宅近くのクリニックに通い始めてから8カ月が経ちますが、未だに治りません。治療費は月々約3万円でした。
 博愛医院では「無料電話相談」を受け付けており、費用も良心的で負担も少なくて済みました。

□Cさん(29歳男性)
髪の毛が不均一に抜け始めました。博愛医院は夜の7時まで受付しており、仕事帰りに通っています。混んでいる時もありますが、診察室が三つあるので、さほど待ち時間はありません。



■ 最後に

 薄毛や脱毛には、頭皮や頭髪のみならず、個々の患者様の生活環境、原因に応じて、専門医の下で治療を行う必要があります。上述のような症状を感じられた方は、下記までお問い合わせ下さい。

 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック