博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> 病気・症状 事典 >> 5.メディカル用語事典

   
博愛医院 │性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科

■ 博愛医院は東京都新宿区にある性病科(性感染症内科・外科)・泌尿器科・産科婦人科(産婦人科)・皮膚科のクリニックであり、保険医療機関です。

<所 在 地>
★新宿駅西口徒歩1分★
〒160-0023東京都新宿区西新宿1-4-20
TEL 03-3342-0003/FAX 03-3346-3266
URL http://www.hakuai-clinic.jp

博愛医院 新宿駅西口徒歩1分!

>>案内図
>> Googleマップ

 

病気・症状 事典


5.メディカル用語事典

先天性梅毒

 日本産科婦人科学会の調べによると、2011〜2015年の5年間に、21人の赤ちゃんが妊婦からの母子感染による「先天梅毒」と診断されていました。そのうち5人が亡くなり、4人に後遺症がありました(2017年7月4日)。妊婦健診を適切に受けなかったためと見られています。
 調査は、産婦人科の高度な医療を提供できる全国257病院を対象にしており、妊婦166人に梅毒感染者がいたことが分かりました。
 昨年(2016年)1年間に報告された梅毒の患者数は約40年ぶりに4千人を超え、20代女性の感染が急増していることがわかっています。

1.梅毒とは

 梅毒はラセン状の細長い細菌でスピロヘータの一種である梅毒トレポネーマに感染することによって引き起こされます。近年では抗生剤のペニシリン開発によって激減しておりますが、日本では20年周期の流行を認め、1999〜2012年は500例−900例で推移していましたが、2013年は1,200例を超え、前年の1.4倍に増加しています。
 梅毒は、病期を特徴的所見より4期に分けています。病原体の感染から9週間までを第1期梅毒、9週より3年までを第2期梅毒、3年以上を第3期梅毒そして10年以上経過して脳や脊髄に変化を来たすと第4期梅毒と分けています。現在では3、4期梅毒は稀です。
 期別の特徴的症状は次の通りです(期別の症状が必ず現れてくるとは限りません。潜伏梅毒といって、血液検査をして初めて発見される人も多いのです。)。

第1期  性感染後3週間の潜伏期を経て通常感染部である女性の大小陰唇や男性の亀頭に大豆大の赤色をした硬い無痛性の物を触れます(初期硬結)。したがって、女性の場合は気づかないことが多いのです。やがて硬結はつぶれて潰瘍を形成し周囲が軟骨様に硬く変化してきます。通常は1個ですが数個できることも稀に認めます。その後数週間後に今度は股の部分のリンパ節が硬く腫れてきます。この頃になると血清梅毒反応も陽性になり血液検査で診断が確定できます。いずれも自然に症状は無くなります。最近は症状が軽く、もともと痛みがない事から無症状な方も散見されます(潜伏梅毒)。

第2期  感染後3ヶ月を経過すると梅毒が全身に広がり、かゆみを伴わない小指の爪ほどの赤い斑点がおもに身体に現れます(ばら疹)。この赤い斑点は自然に消えますが時として小豆大の丘疹に移行し手や足に認められます。また女性の場合この丘疹が外陰部にできると、自覚症状は有りませんが、ただれて感染力の非常に強い扁平コンジローマを形成します。その他にも、小斑状の脱毛を起こすこともあります。

第3期  無治療で3年経過すると、皮膚に潰瘍と瘢痕を作るゴム腫と言われる皮膚病変を呈します、難治性の皮膚病変で国内ではもうほとんどみかけません。

第4期  近年国内では認めませんが、脳神経症状や大血管病変、脊髄に異常を認めてきます。



2.先天性梅毒とは

 妊婦が梅毒にかかり、胎盤を通して胎児に感染することを言います。症状が生後数年以内に現れる早期先天梅毒と、学童期以降に現れる晩期先天梅毒に分かられます。
 早期先天梅毒では、発育不全やリンパ節の腫れ、手足の骨の炎症、肝臓や膵臓の腫れ、黄疸(おうたん)、水疱性発疹などの症状が現れます。
 晩期先天梅毒では実質性角膜炎、内耳性難聴、ハッチンソン歯のハッチンソン3徴候やゴム腫などの症状が現れます。



3.予 防

 妊娠中に実施する定期的な妊婦健診を必ず受けましょう。妊婦健診では、梅毒検査も行います。
 ただし、梅毒検査では、感染から日が浅いと陽性反応が出ないこともあります。また、検査後に梅毒に感染してしまうこともあります。初期検査で陰性でも、梅毒の心配がある場合は、妊娠後期に再度梅毒検査を受けることをおすすめします。
 検査の結果、梅毒と診断された場合、ペニシリン抗生剤の投与で治療を行います。妊娠中に適切な検査、治療を受ければ、先天性梅毒を予防することができます。



 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック