博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> 病気・症状 事典 >> 5.メディカル用語事典

   
博愛医院 │性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科

■ 博愛医院は東京都新宿区にある性病科(性感染症内科・外科)・泌尿器科・産科婦人科(産婦人科)・皮膚科のクリニックであり、保険医療機関です。

<所 在 地>
★新宿駅西口徒歩1分★
〒160-0023東京都新宿区西新宿1-4-20
TEL 03-3342-0003/FAX 03-3346-3266
URL http://www.hakuai-clinic.jp

博愛医院 新宿駅西口徒歩1分!

>>案内図
>> Googleマップ

 

病気・症状 事典


5.メディカル用語事典

高濃度乳房(こうのうどにゅうぼう)

1.高濃度乳房とは

 女性の乳房は、主に皮膚、脂肪、じん帯、乳汁(母乳)を分泌する乳腺などから成り立っています。乳腺は、1つの乳頭を中心にして、放射状に15〜20の乳腺葉に別れています。乳腺葉は、多数の小葉が乳管で繋がれまとまったものです。
 高濃度乳房とは、この乳腺の割合が多い乳房のことを言います。



2.分 類

 乳房は、乳腺の濃度によって次の4つに分類されます。
乳腺濃度の高い順に @高濃度、A不均一高濃度、B乳腺散在、C脂肪性 で、このうち@高濃度とA不均一高濃度の2つが高濃度乳房と呼ばれています。
 日本人女性の高濃度乳房の割合は高く4割程度とされています。



3.問題点

 乳がん検査で用いられるマンモグラフィでは、乳腺は白く、脂肪は黒く映り、がんなどの異常な腫瘍も白く映ります。そのため、乳性の割合の高い高濃度乳房は、マンモグラフィでは、がんなどの異常が発見・判別しにくいとされています。
 高濃度乳房は、病気や異常な状態ではありません。また、乳がん検査もマンモグラフィを補う手段として超音波検査があります。



 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック