博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> 病気・症状 事典 >> 3.産科・婦人科(産婦人科)で扱う病気と症状

   
博愛医院 電話相談受付中│性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科についての無料電話相談受付中!

■ 博愛医院では、病気で悩む患者さまのために、“電話相談”を実施しています。診療時間内であれば何時でも受付をしております。

■ なお、当サイトお問い合わせフォーム、及び、E-Mailでのご相談は、症状について、正確な情報が得られないことがあり、的確なご回答ができないことがあります。そのため、当医院からメールでの返信、ご回答をお約束するものではありません。
ご相談は、診療時間内に、“お電話”にてお願い致します。

 

病気・症状 事典


3.産科・婦人科(産婦人科)で扱う病気と症状

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)


関連する病気・症状:−


子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)とはどんな病気なのでしょうか?

 子宮筋腫とは、子宮の中に良性のコブ(腫瘍)ができることをといいます。子宮筋腫のコブ(腫瘍)は、良性なので、他の臓器に転移したりすることは、ほとんどありません。子宮筋腫は、20歳代〜50歳代の女性に多く見られます(2〜3割程度ともいわれています)。コブ(腫瘍)のできる場所や大きさなどによって様々な症状がでますが、中には自覚症状がない場合もあります。

何が原因で子宮筋腫になるのでしょうか?

 原因は、今のところはっきりと分かっていません。筋腫の発育は、卵巣から分泌される女性ホルモンの一種であるエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響があるのではないかと考えられています。



子宮筋腫は、どんな症状が出てくるのですか?

 子宮筋腫は、筋腫のできる場所によって主に次の3つに分けられます。
1.子宮の筋肉組織の中にできる筋腫を「筋層内筋腫」
2.子宮の外側を覆っているしょう膜の中にできる筋腫を「しょう膜下筋腫」
3.子宮の内側を覆っている子宮内膜の中にできる筋腫を「粘膜下筋腫」
 子宮筋腫の症状は、筋腫のできる場所や大きさなどによって異なりますが、主には、月経困難症(月経時の月経痛、腰痛、発熱、めまい、頭痛、吐き気などの症状)や過多月経、不正出血、排尿障害(頻尿・排尿痛など)、便秘、下腹部のしこり、常に帯下(おりもの)がある、などの症状があらわれます。



先生! 検査や治療はどのように行われるのですか。

 (1)検査は、まず問診によって、症状の度合いなどを伺います。次に、内診(腹部や膣内などを直接触れ)によって、子宮内や卵巣、筋腫の状態を調べます。さらに、筋腫の状態によって、直腸診や血液検査、超音波検査、MRI検査、CT検査、内視鏡検査などを行う場合があります。
 (2)治療は、筋腫の状態によって異なりますが、主に薬物療法と手術になります。
 薬物療法は、@鎮静剤などで症状を軽減する薬を用いる対症療法、Aホルモン剤などで一時的に筋腫の増大を抑える薬方法があります。また、症状が軽く、日常生活に支障がない場合、子宮筋腫は良性の腫瘍なので、定期的に検診を受けながら様子を見ることもあります。
 手術は、薬物療法で改善されない場合や症状(貧血など)によって日常生活が困難な場合など、筋腫の大きさではなく症状によって行われます。子宮筋腫によって手術が必要なケースはほんのわずかです。
 症状と病態にあわせた専門医師による適切な早期治療を行えば、必ずよくなる病気ですよ。けっして怖がることはありません(笑)。お気軽にご相談下さい。

 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック