博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> 病気・症状 事典 >> 3.産科・婦人科(産婦人科)で扱う病気と症状

   
博愛医院 電話相談受付中│性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科についての無料電話相談受付中!

■ 博愛医院では、病気で悩む患者さまのために、“電話相談”を実施しています。診療時間内であれば何時でも受付をしております。

■ なお、当サイトお問い合わせフォーム、及び、E-Mailでのご相談は、症状について、正確な情報が得られないことがあり、的確なご回答ができないことがあります。そのため、当医院からメールでの返信、ご回答をお約束するものではありません。
ご相談は、診療時間内に、“お電話”にてお願い致します。

 

病気・症状 事典


3.産科・婦人科(産婦人科)で扱う病気と症状

外陰炎(がいいんえん)


関連する病気・症状:−


外陰炎(がいいんえん)とはどんな病気なのでしょうか?

 まず、外陰部とは、女性性器の恥丘(ちきゅう)・大陰唇(だいいんしん)・小陰唇(しょういんしん)・陰核(いんかく)・尿道口・膣前庭(ちつぜんてい)・膣口(ちつこう)の総称です。この外陰部が細菌などの感染や皮膚への刺激などの原因によって、炎症が起きた状態を外陰炎といいます。
 外陰炎は次の2つに分けることができます。

1.感染性外陰炎 外陰部が、大腸菌、ブドウ球菌、淋菌などの細菌やトリコモナスなどの原虫、カンジダなどの真菌に感染したことによって起きた炎症。
2.非感染性外陰炎 外陰部の皮膚へ、下着や石鹸、帯下(たいげ)、尿、便などの刺激によって起きた炎症で、接触性外陰炎と呼ばれることもあります。

何が原因で外陰炎になるのでしょうか?

 外陰部は、尿や便、帯下(たいげ)などで不潔になりやすく、また、ナプキンや下着などの刺激を受ける部分です。本来外陰部は、細菌の感染に対して抵抗力を持っていますが、身体の抵抗力低下などが原因で炎症を起こしてしまいます。また、腟炎による帯下(たいげ)の増加が原因で発症することもあります。



外陰炎は、どんな症状が出てくるのですか?

 外陰部が赤く腫れ、熱っぽくなり、痛みやかゆみなどの症状が出てきます。また、排尿痛や性交痛などの症状が出る場合もあります。さらに、炎症が慢性化すると、外陰部の皮膚が白く厚くなり、かゆみが続くことがあります。



先生! 検査や治療はどのように行われるのですか。

 (1)検査方法としては、問診後、視診を行います。感染性の場合、外陰や周辺の菌を採取して顕微鏡で調べ、原因菌を特定します。検査による痛みはほとんどありませんよ。
 (2)治療は、感染性の場合、原因菌に対して有効な薬の投与や炎症を抑える軟膏などを用います。非感染性の場合、かゆみに対して有効な軟膏を用います。
 日常生活においては、外陰部を清潔にして、刺激を避けるようにすることが大切です。
 症状と病態にあわせた専門医師による適切な治療を早めに受けて下さい。けっして怖がることはありません。
 なお、不安や疑問のある方は、診療時間内に下記まで、お電話でお気軽にご相談下さい。

 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック