博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> 病気・症状 事典 >> 3.産科・婦人科(産婦人科)で扱う病気と症状

   
博愛医院 電話相談受付中│性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科についての無料電話相談受付中!

■ 博愛医院では、病気で悩む患者さまのために、“電話相談”を実施しています。診療時間内であれば何時でも受付をしております。

■ なお、当サイトお問い合わせフォーム、及び、E-Mailでのご相談は、症状について、正確な情報が得られないことがあり、的確なご回答ができないことがあります。そのため、当医院からメールでの返信、ご回答をお約束するものではありません。
ご相談は、診療時間内に、“お電話”にてお願い致します。

 

病気・症状 事典


3.産科・婦人科(産婦人科)で扱う病気と症状

子宮付属器炎(しきゅうふぞくきえん)


関連する病気・症状:−


子宮付属器炎(しきゅうふぞくきえん)とはどんな病気なのでしょうか?

 子宮に付属している卵巣と卵管を子宮付属器といい、その子宮付属器が細菌感染などで炎症を起こした状態を子宮付属器炎といいます。主な原因菌は、ブドウ球菌や大腸菌、連鎖球菌、クラミジア、淋菌などがあります。

何が原因で子宮付属器炎になるのでしょうか?

 主な原因は、細菌などの感染によるものです。免疫力の低下や、不潔な性行為、性感染症患者との性行為、分娩、流産、中絶などの際に細菌感染しやすくなり、子宮付属器炎を起こすことがあります。
 また、まれに卵管が、虫垂炎(ちゅうすいえん)や腎盂炎(じんうえん)の原因菌に感染し、子宮付属器炎を引き起こすこともあります。



子宮付属器炎はどんな症状が出てくるのですか?

 主な症状は、急性期では、発熱や強い下腹部痛が現れ、その後、吐き気や不正出血、膿状の帯下(=おりもの)の増加などの症状が出ることもあります。
 慢性化すると、鈍い下腹部痛や月経痛、腰痛、排尿通などの症状が現れます。また、細菌が骨盤内に広がると、腹膜炎を起こすこともあります。
 さらに、子宮付属器炎は、不妊や子宮外妊娠の原因になることもあります。



先生! 検査や治療はどのように行われるのですか。

 (1)検査方法としては、問診後、内診と原因菌を特定するため、血液検査や子宮内を専用の綿棒で膣分泌物を採取し検査をします。超音波検査を行うこともあります。検査による痛みはありません。
 (2)治療は、検査によって判明した菌に有効な抗生物質や消炎鎮痛剤を経口投与します。また、症状がひどい場合は、入院し、抗生物質などを用いた薬物治療を行うことがあります。
 症状と病態にあわせた専門医師による適切な治療を早めに受けて下さい。決して怖がることはありません。
 なお、不安や疑問のある方は、診療時間内に下記まで、お電話でお気軽にご相談下さい。

 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック