博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> 病気・症状 事典 >> 3.産科・婦人科(産婦人科)で扱う病気と症状

   
博愛医院 電話相談受付中│性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科についての無料電話相談受付中!

■ 博愛医院では、病気で悩む患者さまのために、“電話相談”を実施しています。診療時間内であれば何時でも受付をしております。

■ なお、当サイトお問い合わせフォーム、及び、E-Mailでのご相談は、症状について、正確な情報が得られないことがあり、的確なご回答ができないことがあります。そのため、当医院からメールでの返信、ご回答をお約束するものではありません。
ご相談は、診療時間内に、“お電話”にてお願い致します。

 

病気・症状 事典


3.産科・婦人科(産婦人科)で扱う病気と症状

バルトリン腺炎(ばるとりんせんえん)・同 膿瘍(のうよう)・同 嚢胞(のうほう)


関連する病気・症状:−


バルトリン腺炎(ばるとりんせんえん)とはどんな病気なのでしょうか?

 バルトリン腺は、えんどう豆大の分泌腺で、大前庭腺(だいぜんていせん)とも呼ばれています。膣口の左右両側に位置していて、性的興奮を受けると分泌物を出す腺です。また、膣口に開口しているため細菌に感染しやすい部位です。バルトリン腺炎は、このバルトリン腺が細菌に感染し炎症を起すことをいいます。
 原因となる病原菌は、連鎖球菌、ブドウ球菌、大腸菌、淋菌、トリコモナス菌、カンジダ、クラミジアなどがあります。

何が原因でバルトリン腺炎になるのでしょうか?

 バルトリン腺は、膣口に開口しているため、膣から細菌が侵入し発症することがほとんどです。また、バルトリン腺炎が慢性化し、炎症を繰り返していると、バルトリン腺の開口部が塞がれ排出されるはずの分泌物が溜まり嚢胞を形成します。これをバルトリン腺嚢胞(のうほう)といます。さらに、この嚢胞内で細菌が繁殖し感染がおき、腫瘍(しゅよう)ができます。これをバルトリン腺膿腫(のうしゅ)といいます。



バルトリン腺炎はどんな症状が出てくるのですか?

 主な症状は下記の通りです。

バルトリン腺炎 バルトリン腺嚢胞
(のうほう)
バルトリン腺膿腫
(のうしゅ)
・バルトリン腺の腫れ
・疼痛(ずきずきとした痛み)
・嚢胞の腫れ(くるみ大になることもあります)
・痛みはほとんどありません。
・塞がっていた開口部が自然に開き、内容物が流れ、縮小する場合もあります。
・バルトリン腺が大きく腫れます
・発赤
・激しい痛み(性交障害や歩行困難になることもあります)
・発熱


先生! 検査や治療はどのように行われるのですか。

 (1)検査は、問診後、視診と原因菌を特定するため、綿棒で分泌物を採取し検査をします。検査による痛みはありません。
 (2)治療は、検査の結果、判明した菌に有効な抗生物質を経口投与します。また、痛みがひどい場合、消炎鎮痛剤を用いることもあります。さらに、嚢胞(のうほう)が形成されている場合、嚢胞が小さいうちは治療の必要はありませんが、大きくなった場合、切開して嚢胞内の分泌物を排出することもあります。膿腫(のうしゅ)が形成されている場合、注射器で溜まった膿を吸い出すか、切開して膿を排出する処置が必要になります。
 症状と病態にあわせた専門医師による適切な治療を早めに受けて下さい。決して怖がることはありません。
 なお、不安や疑問のある方は、診療時間内に下記まで、お電話でお気軽にご相談下さい。

 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック