博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> 病気・症状 事典 >> 3.産科・婦人科(産婦人科)で扱う病気と症状

   
博愛医院 電話相談受付中│性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科についての無料電話相談受付中!

■ 博愛医院では、病気で悩む患者さまのために、“電話相談”を実施しています。診療時間内であれば何時でも受付をしております。

■ なお、当サイトお問い合わせフォーム、及び、E-Mailでのご相談は、症状について、正確な情報が得られないことがあり、的確なご回答ができないことがあります。そのため、当医院からメールでの返信、ご回答をお約束するものではありません。
ご相談は、診療時間内に、“お電話”にてお願い致します。

 

病気・症状 事典


3.産科・婦人科(産婦人科)で扱う病気と症状

月経困難症(げっけいこんなんしょう)


関連する病気・症状:−


月経困難症(げっけいこんなんしょう)とはどのような症状なのでしょうか?

 多くの女性は月経時に下腹部痛や腰痛など、何らかの不快な症状を感じます。この症状が日常生活に支障が生じるほどのもの、また、治療が必要なほどのものを月経困難症といいます。
月経困難症は、大きく次の2つにわけることができます。
1.機能性(原発性)月経困難症:原因となる病気などが存在しないにもかかわらず、症状がでること。月経困難症の多くがこの機能性(原発性)です。
2.器質性(続発性)月経困難症:原因となる病気などが存在するために症状がでること。

何が原因で月経困難症になるのでしょうか?

 機能性(原発性)月経困難症の場合、月経時に子宮内膜で作られる、ホルモンに似た働きをするプロスタグランジンという物質が通常よりも多く分泌されるためと考えられています。プロスタグランジンは、子宮を収縮させ、子宮内の神経を敏感にさせる作用があります。
 器質性(続発性)月経困難症の場合、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などが原因となります。



月経困難症はどんな症状が出てくるのですか?

 主な症状は、月経に伴う下腹部痛で、月経直前頃にはじまり、1〜2日目が最も症状が強くなります。その他には、腰痛、頭痛、貧血、下痢、発熱、悪心(おしん)、倦怠感、めまい、イライラ、嘔吐などの症状が出ることがあります。



先生! 検査や治療はどのように行われるのですか。

 (1)検査は、問診の後、尿検査や血液検査、内診、超音波検査などを行うことがあります。また、器質性(続発性)月経困難症であると考えられる場合、原因となる病気を発見・特定するための検査(MRI検査、CT検査など)を行います。検査による痛みはありません。
 (2)治療は、機能性(原発性)月経困難症の場合、主に痛みを和らげる鎮静剤などを用いた対症療法になります。さらに、症状が重い場合、低用量ピルを使用することもあります。
また、器質性(続発性)月経困難症の場合、原因となっている病気に対する治療を行います。
 症状と病態にあわせた専門医師による適切な治療を早めに受けて下さい。決して怖がることはありません。
 なお、不安や疑問のある方は、診療時間内に下記まで、お電話でお気軽にご相談下さい。

 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック