博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> 病気・症状 事典 >> 3.産科・婦人科(産婦人科)で扱う病気と症状

   
博愛医院 電話相談受付中│性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科についての無料電話相談受付中!

■ 博愛医院では、病気で悩む患者さまのために、“電話相談”を実施しています。診療時間内であれば何時でも受付をしております。

■ なお、当サイトお問い合わせフォーム、及び、E-Mailでのご相談は、症状について、正確な情報が得られないことがあり、的確なご回答ができないことがあります。そのため、当医院からメールでの返信、ご回答をお約束するものではありません。
ご相談は、診療時間内に、“お電話”にてお願い致します。

 

病気・症状 事典


3.産科・婦人科(産婦人科)で扱う病気と症状

前置胎盤(ぜんちたいばん)


関連する病気・症状:−


前置胎盤(ぜんちたいばん)とはどのような病気のことでしょうか?

 通常、受精卵は子宮の上部(奥)近くに着床し、そこに胎盤が形成されます。なんらかの原因で、胎盤が子宮の下部近くに形成され、内子宮口(ないしきゅうこう=子宮の入り口)にまで及ぶものを前置胎盤といいます。母子の安全のため、ほとんどの場合、帝王切開による分娩になります。
 前置胎盤は胎盤が形成された位置により、次の3つに分けられます。
1.全前置胎盤−胎盤が完全に内子宮口をふさいでいる。
2.部分(一部)前置胎盤−胎盤が内子宮口の一部を覆っている。
3.辺縁前置胎盤−胎盤の端が内子宮口に達している。
なお、胎盤と内子宮口の距離が2〜3cm以下の場合、低位胎盤と呼び、正常な妊娠に比べ、妊娠中や出産時の出血の可能性が高くなります。前置胎盤ほどではありませんが、注意が必要です。

何が原因で前置胎盤になるのでしょうか?

 はっきりとした原因は分かっていませんが、帝王切開や人工妊娠中絶、子宮の手術を経験した人に発生頻度が高くなると言われています。子宮内膜に損傷などが生じることによって、正常な位置に着床できず、子宮の下部に着床してしまうと考えられています。



前置胎盤はどんな症状が出てくるのですか?

 主な症状は、突発的な無痛性の性器出血です。初回の性器出血は少量で、警告出血と呼ばれています。後に大量出血する場合もあります。また、胎位異常が多く見られます。



先生! 検査や治療はどのように行われるのですか。

 (1)検査は、まず問診によって症状を伺います。次に、経膣(けいちつ)超音波によって胎盤の位置を調べます。妊娠が進むにつれ子宮が大きくなると胎盤の位置は変わっていきます。妊娠中期では、胎盤が子宮口にかかっていても、経過とともに問題ない位置になることもあります。そのため、定期的な検査が必要です。検査による痛みはほとんどありません。
 (2)主な治療法は、安静にすることです。出血がある場合、安静のための入院が必要です。出血の量によっては、子宮収縮抑制剤を用います。また、出血量が大量であれば、帝王切開によって胎児、胎盤を娩出(べんしゅつ)することもあります。分娩は、ほとんどの場合、帝王切開です。
 症状と病態にあわせた専門医師による適切な治療を早めに受けて下さい。決して怖がることはありません。
 なお、不安や疑問のある方は、診療時間内に下記まで、お電話でお気軽にご相談下さい。

 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック