博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> 病気・症状 事典 >> 5.メディカル用語事典

   
博愛医院 電話相談受付中│性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科についての無料電話相談受付中!

■ 博愛医院では、病気で悩む患者さまのために、“電話相談”を実施しています。診療時間内であれば何時でも受付をしております。

■ なお、当サイトお問い合わせフォーム、及び、E-Mailでのご相談は、症状について、正確な情報が得られないことがあり、的確なご回答ができないことがあります。そのため、当医院からメールでの返信、ご回答をお約束するものではありません。
ご相談は、診療時間内に、“お電話”にてお願い致します。

 

病気・症状 事典


5.メディカル用語事典

超音波検査=エコー検査

1.超音波検査=エコー検査とは

 超音波(=人が聴くことができない領域の高周波の音波)を利用した検査方法です。「プローブ」と言う装置から、体表、対象臓器に超音波をあて、反射してきた超音波を再度プローブで受け、超音波を解析、画像処理し、モニター上に表示させ、体内の状態や胎児の状況などを調べます。



2.超音波検査=エコー検査の種類

 代表的な超音波検査には次のものがあります。
(1)腹部超音波検査
 ・肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓・胃・大腸・虫垂・子宮・卵巣・前立腺等の腹部の臓器の評価
 ・妊娠中の胎児の評価
(2)乳房超音波検査
 ・乳房の評価
(3)経膣超音波検査
 ・子宮・卵巣等の女性器の評価(膣内からアプローチ)
(4)心臓超音波検査
 ・心臓・大血管の評価
(5)頸部超音波検査
 ・頚部の甲状腺・副甲状腺・頸動脈・頸静脈の評価
(6)血管超音波検査
 ・腹腔内の大動脈・大静脈や上肢・下肢の動脈・静脈の評価



3.メリット

 超音波検査=エコー検査をする装置は、コンパクトなタイプも多く、診察室のベッドサイドなどで使用することができ、前処置や専用の検査室を必要としません。
 また、超音波検査で使用する超音波は、人体に対する影響が無いため、X線検査での放射線被爆のような心配はありません。さらに、検査に伴う苦痛はありません。
 ただ、超音波検査では、超音波の性質上、骨や気体の検査ができないなどのデメリットもあります。



4.検査方法

 超音波検査=エコー検査は、調査対象物のある体表にゼリーを塗ります。これは、超音波を発生・受診するためのプローブという装置と体表の間に空気を入れないためです。つぎに、調査対象物の体表にプローブを押し当て、臓器の断面層などをモニターに映して観察します。
検査をする部位によって、姿勢(仰向けや、横向き、座った姿勢など)や検査時間は異なります。一般的に10〜20分程度です。
 なお、「経膣超音波検査」については、体表からのアプローチではなく、経膣プローブという棒状のプローブを膣内に挿入して、膣内から検査をします。小さな子宮筋腫・卵巣のう腫、妊娠初期の胎児等の評価で使用することがあります。



※ 当医院の診療科目は性病(性感染症)/泌尿器科/産科・婦人科(産婦人科)/皮膚科です。当医院でも超音波検査=エコー検査を実施しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック