博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> 病気・症状 事典 >> 5.メディカル用語事典

   
博愛医院 電話相談受付中│性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科についての無料電話相談受付中!

■ 博愛医院では、病気で悩む患者さまのために、“電話相談”を実施しています。診療時間内であれば何時でも受付をしております。

■ なお、当サイトお問い合わせフォーム、及び、E-Mailでのご相談は、症状について、正確な情報が得られないことがあり、的確なご回答ができないことがあります。そのため、当医院からメールでの返信、ご回答をお約束するものではありません。
ご相談は、診療時間内に、“お電話”にてお願い致します。

 

病気・症状 事典


5.メディカル用語事典

細胞診(細胞診断)検査

1.細胞診検査とは

 細胞診検査とは、細胞を見て判断する方法です。
私たちの身体は、多くの細胞でなりたっています。身体から採取した細胞を染色し、顕微鏡によって詳しく調べることにより、病的変化を判定することができます。



2.検査方法

 細胞診は、大きく次の2つに分けられます。
(1)剥離細胞診(はくりさいぼうしん):臓器の表面から剥離した細胞を採取して調べるもの。
(2)穿刺吸引細胞診(せんしきゅういんさいぼうしん):病変部に針を刺して吸引することにより、細胞を採取して調べるもの。



3.特徴

 細胞診の主な特徴は次の通りです。
・検査による痛みが少ない。そのため、繰り返し検査をすることが可能。
・検査による判定が早期にできる。
・腫瘍の場合、良性か悪性かの質的判断が可能。
・穿刺吸引(せんしきゅういん)細胞診では、病変部を正確に採取しないと、適切な判定が出来ない。
・正しく判定できる人が見ないと適切な判定が出来ない。



4.発見可能な病変

 細胞診で発見可能な主な病変は次の通りです。
・子宮頸部、子宮体部:子宮頸がん、子宮体がんなど
・腹水:卵巣がん、胃がん、肝細胞がんなど
・尿:膀胱がんなど
・喀痰(かくたん):肺がん、咽頭がんなど
・胸水:肺がんなど
・胆汁:膵(すい)がんなど
・穿刺吸引細胞診:乳がん、甲状腺がん、悪性リンパ腫など



※ 当医院の診療科目は性病(性感染症)/泌尿器科/産科・婦人科(産婦人科)/皮膚科です。当医院でも細胞診を実施しておりますを実施しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック