博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> 病気・症状 事典 >> 5.メディカル用語事典

   
博愛医院 電話相談受付中│性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科についての無料電話相談受付中!

■ 博愛医院では、病気で悩む患者さまのために、“電話相談”を実施しています。診療時間内であれば何時でも受付をしております。

■ なお、当サイトお問い合わせフォーム、及び、E-Mailでのご相談は、症状について、正確な情報が得られないことがあり、的確なご回答ができないことがあります。そのため、当医院からメールでの返信、ご回答をお約束するものではありません。
ご相談は、診療時間内に、“お電話”にてお願い致します。

 

病気・症状 事典


5.メディカル用語事典

熱中症

1.熱中症とは

 高温多湿の環境において、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして、身体におこる障害の総称です。屋内・屋外を問わず高温・多湿が原因となっておき、死に至る可能性もありますが、適切な措置をとれば予防することができます。
 国内の異常気象にともなって、年々増加傾向にあります。

2.原 因

 体内では運動などにより常に熱が産生されています。一方、異常な体温上昇を抑えるために、身体の外に熱を逃がす機能が備わっています。この産熱と放熱のバランスがとれているため正常な生活をおくることができています。このバランスがくずれたときに熱中症がおきます。
 熱中症を引き起こしやすい条件は次のとおりです。

(1)素因
   □ 乳幼児、高齢者、肥満者
   □ 糖尿病、心臓病、精神疾患などの持病がある
   □ 栄養状態が悪い     
   □ 下痢、インフルエンザなどでの脱水状態や発熱状態
   □ 二日酔い、寝不足などの体調不良

(2)環境
   □ 気温が高い
   □ 湿度が高い
   □ 風が弱い
   □ 日差しが強い
   □ エアコンがなく、閉め切った室内
   □ 急激な気温上昇

(3)行動
   □ 激しい運動
   □ 不慣れな運動
   □ 長時間の高温多湿状態での作業
   □ 水分補給がしにくい状況での運動

3.症 状

 熱中症は、重症度により次の3つに分類されます。

(1)T度:軽症。現場での応急処置で対応できる。
   症状:熱失神(めまい・失神)、熱痙攣(筋肉痛・筋肉の硬直・手足のしびれ)、気分の不快など。

(2)U度:中等症。病院への搬送が必要。
   症状:熱疲労(頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感)、軽度の意識障害など。

(3)V度:重症。入院して集中治療が必要。
   症状:U度の症状に加え、熱射病(意識障害・けいれん・手足の運動障害・高体温・肝機能異常・腎機能障害・血液凝固障害)など。

4.応急措置

 熱中症を疑った場合、軽症の場合、次の応急措置放置が必要です。重症(症状U・V度)の場合、死に直結する危険性のあるため、すぐに体を冷やし、救急車隊を呼ぶ必要があります。
   □ 涼しい環境への避難
   □ 脱衣と冷却(特に、前頚部の両脇、脇の下、大腿の付け根の前面、股関節部)
   □ 水分・塩分の補給
   □ 医療機関へ運ぶ



 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック