博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
 >>  Home  >> 病気・症状 事典 >> 5.メディカル用語事典

   
博愛医院 電話相談受付中│性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科についての無料電話相談受付中!

■ 博愛医院では、病気で悩む患者さまのために、“電話相談”を実施しています。診療時間内であれば何時でも受付をしております。

■ なお、当サイトお問い合わせフォーム、及び、E-Mailでのご相談は、症状について、正確な情報が得られないことがあり、的確なご回答ができないことがあります。そのため、当医院からメールでの返信、ご回答をお約束するものではありません。
ご相談は、診療時間内に、“お電話”にてお願い致します。

 

病気・症状 事典


5.メディカル用語事典

デング熱(デング症)

1.デング熱とは

 デングウイルスが感染しておこる急性の熱性感染症です。主に、熱帯や亜熱帯の地域で流行し、東南アジア、南アジア、中南米での発症報告が多くあります。日本でも、約60年ぶりの国内感染例として、2014年8月、東京の代々木公園を訪れた男女十数人がデング熱に感染しました。通常、海外の流行地で感染することがありますが、東京で感染した患者の中には、海外旅行の経験がないと者もいると伝えられています。

2.原 因

(1)デングウイルスは、主に蚊によって媒介されます。蚊が、デングウイルスに感染した患者を吸血すると、蚊の体内でウイルスが増殖します。そして、ウイルスを増殖させた蚊が、他の者を吸血することでウイルス感染します。人から人へ直接感染するようなことはありません。

(2)主な媒介生物は、「ネッタイシマカ」や「ヒトスジシマカ」です。「ネッタイシマカ」は、日本には常在していませんが、「ヒトスジシマカ」は、日本の青森県以南のほとんどの地域でみられます。

(3)デングウイルスには4つの型があります。例えば、1型に感染した場合、1型に対しては終生免疫を獲得するとされます。しかし、他の型に対する免疫は数ヶ月で消失してしまいます。その後は他の型に感染した際に、より重篤な症状を起こす「デング出血熱」になる確率が高くなると言われています。

3.症 状

 デング熱の症状は、次の通りです。
 ・ 初期症状は40℃程度の高熱が出ます。全身の痛みや頭痛、結膜充血を伴い、2〜7日間続きます。
 ・ 発症後3〜4日後に、はしかに似た発疹が現れます。
 ・ まれに出血性ショックを引き起こすこともあります。
 ※なお、潜伏期間は、2〜15日です。また、現在、デングウイルスに有効な予防ワクチンは存在していません。

4.治 療

 デング熱に対する、特別な治療法はありません。症状に応じた対症療法が行われます。主には、輸液や鎮痛解熱剤の投与です。
 デング熱は、適切な治療を施せば、予後は比較的良好です。症状が回復し始めると迅速に回復するのが特徴です。



 
博愛医院 HOME│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック